うつろぐ

躁うつ病とともにゆらりと生きてます

20170915

私は、結果を急ぐ。
結果が全てと思ってきた。
だから何事にも集中できない。
過程が大事だなんて
微塵にも感じたことのない
寂しい人間だった。
過程には、人間の大切な部分が
描かれている。
それが何なのかいつも思い出せない。
頭に入っていかない。
赤ちゃんの泣き声はするけど
何故泣いてるのか
父が凄い剣幕で怒っているのも
何故かを考えると
死にたくなるほど心が震えて、
今まで見たくなかったものが
見えてくる。
人間として当たり前のことを
直視できないのだ、今も。

20170621

 

死にたいけど
死にたいけど


今が一番幸せなんだよ
って言い聞かせて
生きてる


微塵も楽しくないよ
何かと無理して頑張ってる
音沙汰ない今日

 

何が不幸かって

 

自分が一番幸せなのに
気付いてないこと

 

そう言い聞かせて
大丈夫だって
今日も無事に過ごせたから
明日も無事に過ごせる
怖いことなんてない

 

平穏は必ず訪れる

理由

枠にはまるのが苦手だった。
幼稚園、小学校、中学校、、
なんで9時にチャイムなるん?
なんで勉強せなあかん?
うえー運動会とか走るん嫌やし

 

得意なことがあった。
何かを使って表現すること。
詩を書くこと。
絵を描くこと。
音を奏でること。

 

大人になっても同じで
会社に行きたくなかった
何で女子は2、3年勤めたら
コトブキ退社せなあかんの?
何で結婚せなあかんの?
自由に好きなことして
好きなように暮らすのの
何処が悪いん?
何も人様に迷惑かけとらんで

 

パソコンでサイトやブログを
作ったりするのが楽しかった
イラスト描けばネ友が褒めてくれて
ネットだけが認めてくれた
顔も見えない相手を信じるの?


何で敷かれたレールを走らないかんの
何で嫌いな奴に時間にお金に拘束されるん?
ぜーんぶぶっ壊して
何からも自由になりたい。
ラクになりたい。

 

これがワタシの中の「逃げたい」理由
なのかもしれない

幸せ

皆さんの幸せって、どんなものですか?

 

みんな幸せになるために、一生懸命働いたり、勉強したりしてる。不幸になろうと頑張ってるひとはいないだろう。
私は、平穏な毎日を過ごしていて、たまに美味しいものをたべたりして、美味いと感じて、あっ、これが幸せ?とか自分に問いかけてる。確かにこんなのが一般的な「幸せ」のカタチかもしれないけど。

 

昨日、たいぞーさんにスケッチの仕方を教える機会があった。
モノを立体的に現すために、影の付け方と光の入れ方。ものの2、3分、描き方を教えた。すると次の日、私が教えた方法でシャープペンを紙に描いてもってきた。細かく丁寧に描かれた線は綺麗に端からグラデーションがかり、光が当たる丸みを持つ部分には消しゴムの角っこでシュッと影が消され光が射してるように見える。姉バカかもしれないが、とてもカッコよく見えた。


私は美術教師の免許を持っている。
教師の道を断念し就職して過労で
病気になってからは、全く描いてない。
ふと、私が好きだったことを、たいぞーさんがうまく繋いでくれ、思い出させてくれたような気がして、嬉しく感じた。

 

こんなのも「幸せ」かもしれない。

たいぞーさん。

不思議すぎる。

なんの縁があって私達はここにいるのか。
ワタシとは全く正反対の性格の弟。
内気でインドアな私に比べ、社交的で明るく友達作りが得意。
24歳離れててまるで親子のように育った我々は、
とても仲が良く、時にはケンカしたり、じゃれあったり、友達のようであったり、といつもそんなふうだ。

 

この前、街の文具店に行くのにバスに乗った。
乗る際、バスカードを機械に当てて乗ったが、たいぞーさんは知らんふり。普通は、バスカードを持っていなければどこから乗ったのかわかる番号札を取るなりするが、たいぞーさんは何もせずすっと私の横の席に座った。
「あんた、カードは?券は?」
「ん?とらんばと?」
「だってどこから乗ったのかわからんやったら、料金払えんやん!はよ取ってくるか、車掌さんに謝りにいき!」
「姉ちゃん大げさかって。前に掲示してある番号と料金を覚えとけばいいとやろ。」
「いや、そりゃそうだけど、券、、、」
(たいぞーさん、車掌さんに話しに行く)
「…ほら、俺のやり方であっとった!番号覚えて、降りる時それを伝えて料金払って下さいって!」
「いやでも、普通は券くらいとるっしょ!」
ズボラ過ぎるのか、頭良いのかさっぱりわからない図太い神経のこの弟!
こんなことでいいのか⁉︎
あまりの常識外れに姉ちゃんビックリだよ!怒

 

こんなこともあった。

 

「姉ちゃんね、障害者手帳持ってて、二級なんだ」
「姉ちゃん、かなり良くなってるだろ?自分は障害者障害者、って自慢するやつオレ嫌い。あの、キチガイみたいなのを障害者って言うんだろ?姉ちゃんちゃうやん、あんなのと一緒にしたくない」

なんか、複雑な気持ちだった。
病気が治ってると言われたこと。
たいぞーさんのイメージする障害者は知的障害者であること。
精神障害者のことをうまく説明できなかった。

学校から帰ってきたとき私がベッドから起き上がれないことはよくあることだったので、病気であることは認識しているが障害者とのイメージがイマイチ結びつかないところだ。
でも、私はそれはそれでいいと思う。
障害者のどうこうを珍しく話したくない。

 

そうこうしながらでも私達はお互いぶつかり合い学び合いながら13年生きてきた。成長してきた。

4人兄弟の末っ子、たいぞーさん。
勉強はあまり得意でなくみんな手を焼いているが
ズボラで大雑把ででも何処か抜け目なくて、可愛い。

姉ちゃんは、ずっと応援してるよ(^^)

 

無題

帰りのタクシーの中、疲れ果ててぐったりだった。
新郎新婦も幸せそうだし、料理も美味しくて文句のつけようのない結婚式だった。ほとんどが親族で30人。アットホームな雰囲気だった。

 

人は何のために生きてるんだろう。

 

そんなことをふと考えてた。
披露宴の親族挨拶で感極まって泣いた叔父。きっと息子に対する今までの想いが一気に蘇って涙となったのだろうか、嬉しい気持ちでいっぱいだったのだろうかわからない。

 

誰かを喜ばせるため?
認めてもらいたいから?
愛してもらいたいから?

 

何故だろう。
何故人は生きようとするんだろう。
何故人は嬉しいと涙が出るんだろう。
そんなことまで、わからなかった。

 

人の気持ちに、欲に、疎くなってしまった。

 

もう疲れた。

私はこうやってタバコを辞めました

ツイッターミクシィでちょっと反応があったので書きます。

 

禁煙体験談。

 

私の場合、妊婦の妹が今月帰ってくるので、外で吸うにしても服に付いた煙で受動喫煙なるので辞めなきゃなぁ、と薄々思っていたのがひとつ、たまたま11月初め、風邪を引いて咳が酷くなり、咳き込みながらでも喫煙してた自分に「そこまでして吸わないといけないものなのか?」と疑問を持ちそれをきっかけに、禁煙を決意。因みに禁煙に挑戦するのは初めてではなく、これまで禁煙パッチ、ガム、置き換えの飴、電子タバコ、いろいろ試してきたがどれも失敗に終わっている。何度目の挑戦かはわからない。今回もできなかったらまぁいいや、程度しか考えてなかった。

 

風邪が治ると共に減煙、どうしても苦しくなった時の置き換えとして、タブレットミンティア(超清涼感のあるタイプ、100円くらい)と水蒸気のでる電子タバコ(五本2500円くらい)を用意した。1時間経つと案の定一本欲しくなる。これまで30分に一本ペースで日に二箱くらい開けていたが、置き換えを交えて2時間に一本ペースにし、どんどん吸う間隔を広げ、1日一本にまで減煙した。ここまで慣れるのに一週間。あとは、本格的に禁煙するために家中の灰皿の撤去と、残っていたタバコを父に全て渡した。

 

禁煙して3日目が一番辛かったのを覚えている。
「あー😩プカーと一本吸いたいよ」が口癖でいつでもどこでもミンティアを2、3個口に入れ、電子タバコの煙をくゆらせてた。いつも行くイオンでも喫煙所は避けて通った。灰皿、タバコは見ない、聞かない。喫煙者のそばを通っても「ああ、この人らは辞めたくても辞められないんだな」と勝手に決めつけ、優越感に浸ることにした。その調子で一週間が過ぎ、1ヶ月が経った。

 

3ヶ月経った今、吸わないで平気かと言われればそうでもなく、たまに、無性に吸いたくなる。でも、禁煙3日目程ではない。
3ヶ月も経つと、身体から何かが抜けて行ってるのがわかる。強い「依存」という毒素が身体から抜け出ていってるようにも思える。タバコがなければ、生きた心地がしなかった。タバコに蝕まれていた。タバコに完全に支配されてた。風邪をきっかけに辞めた今、周りの反応も違ってきた。「あんなにヘビーだったのによく辞められたね!」「肌の色が綺麗になった」「あのキツイタバコの口臭がしない!」
今までタバコに1ヶ月1万円費やしてた。年間にすると12万。ちょっと旅行にでもいけそうな金額だ。月1万で身体を害していた。周りにもイヤな思いをさせていた。辞めて初めてみんな口開いた。言い出し切れなかったんだろう。浮いた1万でコンタクトが買えた。みんなで美味しいラーメンを食べに出かけられた。タバコを辞めてからホント、身体は軽くなるし、肺も綺麗になるし、お金の心配をしなくていいし、良いことしかない。これは、手応えを感じている。

でもまだ口寂しいので、いつもコーヒーを飲んでいる。フーと吹き出したいようなストレスは美味しいものを食べて誤魔化して。タバコを辞めたら食欲が湧いたのか、よく食べるようになったので、太ったかな?もともと太ってるからよくわからないけれど。

 

今でも、一本吸って、すぐあの頃に戻れるけど、完全依存してたあの頃には戻りたくないなぁ。
タバコに支配されるのはもうイヤ。自分は傷ついてもいいけど、周りにイヤな思いをさせながら吸うのもどうかな。とにかくタバコを吸うことで「ワタシ、ストレス溜まってるんです」アピールはもうよそう、と。

 

依存から抜けられないアナタへ。
私は一日ニ箱吸うヘビースモーカーでしたが
キッパリ辞められました。
意志が強いとか弱いとかでなく、きっかけです。
風邪を引いて尚且つ咳き込みながらタバコ吸ってる自分に疑問が立ったんです。
何で咳しながらタバコ吸うん?
タバコに支配されとんちゃう?
何このタバコって?
絶対だった、タバコの存在に違和感を感じました。
それです。
貴方も、タバコに異論を唱えてみて下さい。
百害あって一利なし、ってこれか。